お焚き上げは1300年続く美しい日本の伝統文化です。

COLUMN

お焚き上げコラム

  • HOME
  • お焚き上げコラム

お焚き上げ、その美しい世界観

お焚き上げ供養ってなんですか?

2018/01/18
お焚き上げ供養ってなんですか?

「お焚き上げ」とは、魂が宿っているように思えて粗末に扱うことができない品物を、寺院や神社などで僧侶や神主がご供養し、焼却することです。

詳しくはこちら

お焚き上げのはじまりは?

2018/01/18
お焚き上げのはじまりは?

「どんど焼き」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。小正月(1月15日)に、各家庭が使用した正月用のしめ飾りや門松などを寺院や神社にもちより、一斉に燃やす行事です。

詳しくはこちら

人形供養はどこでも同じは間違い〜絶対外さない5つの選択ポイント〜

2018/02/22
人形供養はどこでも同じは間違い〜絶対外さない5つの選択ポイント〜

持ち主が成長して収納に仕舞いっぱなしの雛人形や五月人形、幼い頃から一緒だけどベッド脇に置きっ放しのぬいぐるみなど役目を終えた人形について、お悩みではありませんか?

詳しくはこちら

家族の精神的苦痛を減らす!箱ひとつからはじめる"プチ終活片づけ"

2018/01/22
家族の精神的苦痛を減らす!箱ひとつからはじめる"プチ終活片づけ"

最近流行りの「終活」についてあなたはどうお考えですか。
「まだまだ元気だから自分には無関係」「”終わる活動”なんて縁起でもない」とネガティヴに捉える方が多いですが、心のどこかでは意識しているというのが実際のようです。

詳しくはこちら

娘の成長を願う神社の雛流し、人形供養。

2018/02/20
娘の成長を願う神社の雛流し、人形供養。

女の子が生まれたら、ご自宅で雛人形を飾ることも多いかと思います。
成長につれて飾ることが減ったり、お嫁に行くなどして出番がなくなった雛人形の処分に困ったりしたことはありませんか?

詳しくはこちら

源氏物語に見るお焚き上げ〜人形供養〜

2018/02/20
源氏物語に見るお焚き上げ〜人形供養〜

平安時代に紫式部によって書かれた源氏物語には、たびたび天児(あまがつ)という人形が登場します。
この人形は、竹や木を十字架のようにくくりつけ、そのうえに首をつけて着物を着せた、ごくシンプルな人形です。

詳しくはこちら

いつまでも家族だよ。ペット供養をしてくれる神社

2018/01/18
いつまでも家族だよ。ペット供養をしてくれる神社

家族同然の存在として、あなたの元にやってきたペットたち。いまは「ペット」という言葉自体が、消えつつありますね。それほど身近であり、パートナーのような存在でもある愛くるしいあの子たち。

詳しくはこちら

メガネに再び息吹を与えるメガネ供養

2018/01/18
メガネに再び息吹を与えるメガネ供養

パソコンやスマホの普及により、視力が気になりメガネを愛用している人も多い現代。
壊れてしまったり、デザインの流行などによって使わなくなったメガネはありませんか?

詳しくはこちら

靴にも思い出が沁みる。靴供養の神社

2018/01/18
靴にも思い出が沁みる。靴供養の神社

新入社員のときに、ものすごく沢山歩いた靴や、どんなオシャレのときにもいつも足もとでキラキラしていた靴。幼い頃に両親に手を引かれて歩いた、小さな靴。靴には意外にもいろいろな思い出が沁みこんでいるものですよね。

詳しくはこちら

Pagetop