お焚き上げは1300年続く美しい日本の伝統文化です。

COLUMN

お焚き上げコラム

2018/09/13
いつまでも家族だよ。ペット供養をしてくれる神社

いつまでも家族だよ。ペット供養をしてくれる神社

家族同然の存在として、あなたの元にやってきたペットたち。いまは「ペット」という言葉自体が、消えつつありますね。それほど身近であり、パートナーのような存在でもある愛くるしいあの子たち。
しかし人間よりも天寿を全うするのが早いため、どうしても見送ることになります。

スピリチュアルの考えでは、犬や猫がどのような亡くなり方をしても、飼い主のことを憎んだりしないそうです。けれども、人間は「あの時もっとこうしてあげれたら」など、後悔の気持ちが湧いてくるものですね。そして“ペットロス”といわれるような、心の隙間ができてしまうこともあるでしょう。
スピリチュアルな世界では、もともと犬や猫などの動物たちは、自分たちの意思を伝え合うツールとしてテレパシーのようなやりとりがあるのではないか、と考えられています。もしそうなら、亡くなったペットたちのためにも前向きで元気でいる飼い主の波動のほうが、きっと安心するのではないでしょうか。

もし、亡くなったペットに対してもう少し何かをしてあげたい気持ちが強いときには、供養をしてあげてはいかがでしょうか。千葉市にある有吉日枝神社では、形代にペットの名前を書くことで、その後供養をしてお焚き上げをしてくださるそうです。もし写真があるのでしたら、その写真と形代を一緒にお焚き上げしてくださるとのこと。ただし、当然ですが写真が燃えてしまいますので返却は不可能となります。

残念ながら、有吉日枝神社では亡くなったペットの首輪や、お皿、オモチャやベッドなどの供養やお焚き上げはしていないとのこと。くれぐれも持っていかないようにしましょう。
ちなみに、人間の場合の形代は人形(ヒトカタ)をしていますが、こちらの神社の形代は動物の形をしているそうです。


【よく読まれているコラムランキング】
1位 家族の精神的苦痛を減らす!箱1つのプチ終活片づけ
2位 人形供養〜絶対外さない5つのポイント〜
3位 古い服を捨てられる?幸運な人と不運な人の違い
4位 お守りの有効期限は1年、それを超えると逆効果?
5位 鏡が割れると縁起が悪いの?
6位 断捨離で幸せが舞い込む!?幸運はスキマにくる
7位 塩で清めることの意味。仏教では無意味?

【この記事の関連コラム】
● ペット遺品供養 家族の一員だからきちんと手放す
● お焚き上げのはじまりは?
● お焚き上げってなんですか?
● 源氏物語に見るお焚きあげ〜人形供養〜
● 靴にも思い出が沁みる。靴供養の神社

【みんなのお焚き上げについて】
◉ みんなのお焚き上げのこだわり
◉ サービス内容
◉ ご利用ステップ
◉ よくあるご質問
◉ お客さまの声

Pagetop