お焚き上げは1300年続く美しい日本の伝統文化です。

COLUMN

お焚き上げコラム

2019/02/10
【風水】亡くなった人が長年愛用していた財布、靴やカバンの処分|遺品整理

【風水】亡くなった人が長年愛用していた財布、靴やカバンの処分|遺品整理

魂は天に昇り、体は地に帰ると言います。
愛しい人が亡くなった時は終焉の時であるとともに、この世に残った人にとっては新たな始まりの時でもあるのです。
故人が長年愛用した靴やカバンは形こそあれ、残った人の運気を上昇させるものとは言えません。
風水的な考えでは、遺品は「陰」の気を放つと解釈されます。

■思い出だからと何でも取っておくのは供養とは言えません
一周忌くらいまでに、特に思い出があるものだけに絞り、整理整頓しておくのが、故人への供養です。
天上に昇ったの魂は、整理しに降りてくることはできません。
残された人が、きちんと片づけてあげるのが故人に対する供養と礼儀です。
風水は4,000年とも5,000年とも言われる前の環境学ですが、古いものを大事に取っておくことをよしとしません。
それは、その品物が陰の気を蔓延させるだけでなく、健康をも害するからです。
いつまでも悲しみに打ちひしがれていると、心も病んでしまいます。
大切な人の遺品とは言え、靴はばい菌だらけです。財布やカバンも使わずに取っておくとカビが生えてきます。

■残された人の健康と幸せを一番望んでいるのは故人です
故人の身の回り品に囲まれて暮らしたいという思いはあると思いますが、持ち主のいなくなった品物は、抜け殻と同じです。
遺品は、長くとっておけば置くほど陰の気を発します。
先だった者は、陰の気のこもった中で暮らす家族を天上から見るより、すっぱりと処分し明るく暮らしてくれる方が安心できるに違いありません。
残すものは、気持ちが悲しくならないもの、故人を思い出して懐かしい気持ちになるものなど陰気にならないものに限定してとっておき、あとは財布供養などのお焚き上げで、丁寧に処分することをおすすめいたします。

「みんなのお焚き上げ」は由緒ある神社と提携しています。お世話になった故人の遺品に感謝を込めてきちんと手放せます。


【よく読まれているコラムランキング】
1位 家族の精神的苦痛を減らす!箱1つのプチ終活片づけ
2位 人形供養〜絶対外さない5つのポイント〜
3位 古い服を捨てられる?幸運な人と不運な人の違い
4位 お守りの有効期限は1年、それを超えると逆効果?
5位 鏡が割れると縁起が悪いの?
6位 断捨離で幸せが舞い込む!?幸運はスキマにくる
7位 塩で清めることの意味。仏教では無意味?

【この記事の関連コラム】
● 【風水にみる】故人の愛用財布、靴やカバンの処分
● 【風水にみる財布供養】〜財布の買い替え時と処分の仕方
● 【風水にみる】親から譲られた骨董品を売ってもいい?
● 遺影はなんのために飾る?ご先祖様の写真処分方法は?
● ご先祖様の遺品整理。捨てるべきモノ、残すべきモノ

【みんなのお焚き上げについて】
◉ みんなのお焚き上げのこだわり
◉ サービス内容
◉ ご利用ステップ
◉ よくあるご質問
◉ お客さまの声

Pagetop