お焚き上げは1300年続く美しい日本の伝統文化です。

COLUMN

お焚き上げコラム

2019/11/06
捨てるに捨てられないボロボロの着物。さてどうする?

捨てるに捨てられないボロボロの着物。さてどうする?

使う機会が少ないけれど、なかなか捨てられないものの代表とも言えるのが着物ではないでしょうか。家族の遺品のため手放しにくいという人もいるでしょう。

きれいな状態で保存してあり、晴れの日に活用できればそのまま取っておきたいところですが、着物が傷んでしまったときは対応に困ります。

着物は定期的に手入れをしないと虫に食べられて穴があいたり、カビが生えてしまったりします。こうなるともう外に着て行けません。しかし高価なイメージがあるため、「捨てられないし着られないし」と困っている人が多いのではないでしょうか。

穴があいた、カビが生えたというような着物は捨てるしかないような気がしますが、実はボロボロの着物でも需要があり買い取ってもらえるということを知っていますか。

海外では2020年開催予定の東京オリンピックをきっかけに日本に対する興味が高まっており、とくに着物の需要が高くなっています。日本では着られないようなボロボロの着物も、海外からは「欲しい」という声があるのです。

着物買取業者の中には、海外に販路を持っている業者がいます。このような業者は、普通では買い取ってもらえないような着物や、買取を断られた着物も買い取ってくれるのです。

たんすの中で眠らせてこれ以上ボロボロになってしまう前に引き取ってもらい、空間をスッキリさせましょう。風水では使っていないものや使えないものを処分し、適度な空間的余裕を設けておくことが重要だと考えられています。
遺品など思い入れの強い品で売ることがためらわれる場合は、お焚き上げをしてもらってからしかるべき処分をすることをおすすめします。


「みんなのお焚き上げ」は由緒ある神社と提携しています。着物に感謝を込めてきちんと手放すことができます。


みんなのお焚き上げバナー



【よく読まれているコラムランキング】
1位 人形供養〜絶対外さない5つのポイント〜
2位 お守り有効期限1年、それを超えると逆効果?
3位 鏡が割れると縁起が悪いの?
4位 古い服を捨られる?幸運な人と不運な人
5位 亡くなった人の愛用品、財布やカバンの処分
6位 家族の精神的苦痛を減らす!プチ終活片づけ
7位 想いのこもった七夕短冊の処分はどうする?


【この記事の関連コラム】
捨てられずにたまる一方、手紙どうしてますか?
親の形見の着物をリメイクは供養になる?
懐かしさを最良の形で。捨てられない写真のお焚き上げ
人形が捨てられない3つの理由

Pagetop