お焚き上げは1300年続く美しい日本の伝統文化です。

COLUMN

お焚き上げコラム

2019/11/06
あの有名老舗ヘアサロンが40年以上供養するモノとは?

あの有名老舗ヘアサロンが40年以上供養するモノとは?

「ハサミの日」をご存じでしょうか。
1977年(昭和52年)美容家で山野学苑創設者の山野愛子さんが提唱した「ハサミ供養」。使えなくなったハサミの供養を行う日として、「は(8)さみ(3)」の語呂合せである8月3日に東京都港区芝の大本山増上寺にて供養を行います。
山野美容専門学校の関係者や浴衣に身を包んだ生徒さん200名以上が、供養に臨む様子は圧巻です。
家庭で食品用としても工具扱いとしても使われることの多いハサミ。美容師や植木屋さん、フラワーショップなど多方面でハサミが使われています。こうしたハサミで、役目を終えて引退したハサミに感謝の気持ちを込めて8月3日に供養するわけです。

長年使って錆びたハサミがある人は、増上寺のハサミ供養をお願いするといいかもしれません。まだ使えるものに関しては研いだり修理をしてくれるようなので、ハサミを大切に使いたい方も供養に参加してみるといいかもしれませんね。
そして、まだ現役のハサミに対しても、感謝をしながら使うことをお忘れなく。


みんなのお焚き上げバナー



【よく読まれているコラムランキング】
1位 人形供養〜絶対外さない5つのポイント〜
2位 お守り有効期限1年、それを超えると逆効果?
3位 鏡が割れると縁起が悪いの?
4位 古い服を捨られる?幸運な人と不運な人
5位 亡くなった人の愛用品、財布やカバンの処分
6位 家族の精神的苦痛を減らす!プチ終活片づけ
7位 想いのこもった七夕短冊の処分はどうする?


【この記事の関連コラム】
寝具の処分方法・古い寝具はマイナスをため込む!?
メガネに再び息吹を。メガネ供養
靴にも思い出が沁みる。靴供養の神社
財布供養〜金運財布の色、購入日、処分方法とは〜
あの有名老舗ヘアサロンが40年以上供養するモノとは?

【みんなのお焚き上げについて】
みんなのお焚き上げのこだわり
サービス内容
ご利用ステップ
よくあるご質問
お客さまの声

Pagetop