お焚き上げは1300年続く美しい日本の伝統文化です。

COLUMN

お焚き上げコラム

2019/11/06
カメラには持ち主の気エネルギーが?愛ある処分でみんな安心

カメラには持ち主の気エネルギーが?愛ある処分でみんな安心

あなたは写真をよく撮りますか?今はスマホの普及によって、気軽にカシャっと写真を撮ることができるので、とても便利ですよね。スマホが普及する前はほとんどの人がカメラ片手に思い思いの被写体を撮影していました。今でもカメラが趣味の方は、大切にしているカメラがあることでしょう。

スピリチュアルな考えでは、写真にはその時撮影した人の心の波動が移っているといわれます。気持ちが沈んでいるときに撮影した写真には、ブルーなエネルギー波動が。明るく前向きな気分のときに撮影した写真には、輝くほどの前向きなエネルギー波動が移っているのだそうです。それと同じように、実はカメラ本体にも撮影者のエネルギーが残っていると考えられています。例えば、波動に敏感な方であれば、カメラに限らず「モノ」に触れるだけで、持ち主の感情を把握することができたり、オーラまでわかったりするものです。
このように、モノには愛用していた人の愛情がこもっていますし、その時々の想いのエネルギーも残っていますので、片づけの仕方にも愛を持って行いたいですよね。

もし、カメラの持ち主がお亡くなりになった場合には遺品となるわけですが、片付けをする際に気になることといえば、そのまま処分してしまってもいいのか?ということ。
先ほどもお話ししましたように、持ち主の想いのエネルギーが残っていますので愛ある対応をしたいものです。
おすすめなのが、お焚き上げをしてくれる神社にお願いすることです。
燃えないモノでも、持ち主の想いとカメラへの感謝の気持ちを大切に供養してくれます。

「みんなのお焚き上げ」は由緒ある神社と提携しています。お世話になったカメラに感謝を込めてきちんと手放せます。


みんなのお焚き上げバナー



【よく読まれているコラムランキング】
1位 人形供養〜絶対外さない5つのポイント〜
2位 お守り有効期限1年、それを超えると逆効果?
3位 鏡が割れると縁起が悪いの?
4位 古い服を捨られる?幸運な人と不運な人
5位 亡くなった人の愛用品、財布やカバンの処分
6位 家族の精神的苦痛を減らす!プチ終活片づけ
7位 想いのこもった七夕短冊の処分はどうする?



【この記事の関連コラム】
懐かしさを最良の形で。捨てられない写真のお焚き上げ
お焚き上げってなんですか?
遺影はなんのために飾る?ご先祖様の写真処分方法は?
メガネに再び息吹を。メガネ供養
【風水にみる】遺品アクセサリーの持つ想念

【みんなのお焚き上げについて】
みんなのお焚き上げのこだわり
サービス内容
ご利用ステップ
よくあるご質問
お客さまの声

Pagetop